NEWS

お知らせりんごの木ファーム方田山

りんごの木ファーム方田山。りんごの苗127本植える

2015年2月に篠ノ井二ツ柳、方田山に借り受けたりんご畑2000㎡(約606坪)にこの秋3650㎡(約1106坪)が追加され合計5650㎡(1712坪/5反歩)になったりんごの木ファーム方田山。

その畑に新たに紅玉りんごの苗125本、試験的に新種の「姫神(ヒメカミ)」というふじりんごと紅玉りんごとのかけ合わせの苗2本を植えました。

簡単に「植えました。」と言ってもそれはとてもとても大変なことで、社長片桐を筆頭に本部長、副本部長(営農部長)、新入社員のセキカワ君の4名で11月下旬から少しづつ時間をつくって(もちろん本業がありますので)昨日12月13日に全ての工程が終了しました。

①測量(11/23)→②穴掘り(12/9・10)→③苗植え(12/13)→④わら巻(12/13)

途中、湧水対策の溝掘り(12/3)

苗が成長し収穫できるようになるのが2019年秋。成木になると1本から100㎏のりんごが収穫できるそう。100㎏×125=12.5トン 旬摘みりんごのアップルパイが何本作れるの???

この苗たちがすくすく育つ様子をまた報告させていただきます。

①測量(5m×5.5mの間隔)
①測量(5m×5.5mの間隔)
もちろん人力で穴掘り
もちろん人力で穴掘り
直径50㎝×深さ60㎝の穴
直径50㎝×深さ60㎝の穴
②127個の穴が全て掘れました!
②127個の穴が全て掘れました!
アクシデント発生!湧水を逃がす溝を掘る
アクシデント発生!湧水を逃がす溝を掘る
とうとう力尽きた営農部長
とうとう力尽きた営農部長
③苗植え。父と子のような二人。そして社長片桐は半袖
③苗植え。父と子のような二人。そして社長片桐は半袖
④植えた苗にわらを巻きます。寒さ対策。
④植えた苗にわらを巻きます。寒さ対策。