杏じゅれ

千曲市森地区で採れた「信山丸」をあっさりとしたシロップ漬けにし、丸ごとひとつをゼリーに入れました。杏の爽やかな香りをお楽しみください。
◆◆ 販売のご案内 ◆◆
毎年、4月下旬から販売しております「杏じゅれ」の原料となる「信山丸(杏)」が昨年の遅霜の影響で、収穫量が例年の半分以下に激減してしまい、今季は6月上旬に品薄となってしまいました。
 しばらくの間は欠品の状況が続きご迷惑をお掛け致しますが、今年6月下旬に収穫する「信山丸」をシロップ漬けにした「杏じゅれ」を7月下旬から販売いたします。お味は一年漬けの杏よりあっさりとしていてフレッシュさが感じられます。
 販売日が決まりましたらご案内いたしますので、ぜひご利用ください。

販売期間 4月下旬より ※杏の収穫量により販売期間が異なります。店舗へお問い合わせください。
価格(税込) 1個¥378、3個入¥1220、4個入¥1710
6個入¥2530、8個入¥3350、12個入¥4980
アレルギー りんご
お日保ちの目安 90日~20日
サイズ 直径:約6㎝
販売店舗 各店舗 オンラインショップ

杏じゅれ 美味しさのひみつ

杏じゅれ

「杏じゅれ」に使われている「信山丸(しんざんまる)」のふるさとは、杏の生産量が全国一位を誇る長野県・千曲市。
春風の中、ピンクの花を一面に咲かせた杏は6月にその実がたわわに熟れる頃、ひとつひとつ大切に収穫されます。千曲市では様々な種類の杏を生産していますが、甘味や酸味が絶妙で爽やかな夏のお菓子にぴったりの「信山丸」を手掛ける農家は少なく大変希少な杏とされています。「杏じゅれ」は、その収穫の喜びと美味しさが丸ごとお楽しみいただける「りんごの木」の自慢の涼菓です。
古くから健康食としても親しまれてきた「杏」。その中でも希有る存在として愛まれてきた「信山丸」の醍醐味が生きる「杏じゅれ」をどうぞお召し上がりください。


りんごの木では、「杏じゅれ」の販売を通じて「信山丸」の魅力を広く発信し、生産を継続していくために、2013年から杏じゅれプロジェクトを立ち上げ自社農園での栽培をスタートさせました。

ジュレの一覧に戻る

商品一覧のトップへ戻る